ミワ野草園だより

※写真をクリックすると大きく表示されます!

2016/03/13
馥郁とした実り
陽も暗い目で、夕刻まで雨が空で籠っていた。
春キャベツが小さな苗から育って、馥郁。
こんなに大きいと、一個を使い切るのに数週間かかる。
大きな外葉はざく切りにして冷凍。
次の柔らか葉3枚を千切りにして夕食のサラダ。
そして中葉から芯への固まりを冷蔵へ。
田舎ならではの野菜食べ放題。
(2016,3,13.午後)

519-1.jpg

2016/03/12
万物満つ
風に冷たさが含まれているけれど暖かい一日。
空はスッキリ青空。体も行動的。
白菜のそのままにしていた小さな固まりから花が姿を現し、
柔らかドレスにつつまれた人形が踊るよう。
夜には三日月、お星が輝く。
(2016,3,12.午後)

518-1.jpg518-2.jpg518-3.jpg

2016/03/10
桃始笑
桃が咲き始める時期に入ったということで、
こちらの白い桃の蕾もふっくら。
昨日の冷たい雨から今日は冬にもどったかのような寒い一日。
それでも植物は春。
アジサイの新芽も扇を開くような枝ぶりの先に新緑。
(2016,3,10.午後)

517-1.jpg517-2.jpg

2016/03/08
暖かい一日
とても暖かくて、暑い程の一日。
山の方を見ると真っ白の花粉か黄砂?
鼻がかゆくて、目がかゆくて大変。
しかし、植え替えたエンダイブ、チコリの苗はイキイキ!
(2016,3,8.午後)

516-1.jpg516-2.jpg516-3.jpg

2016/03/07
花盛り
久々の昨夜の雨にしっとりした植物たち。
気温も上がり、あちらこちらに花開花。
どの花も自分の美に輝いて香る。
(2016,3,7.午後)

515-1.jpg515-2.jpg515-3.jpg

2016/03/05
啓蟄
今日は暖かく、カレンダーでは啓蟄。
わかっていたのかどうか、朝、早速のゴキブリ!
また、不快虫に悩まされるようになる!
土の中にはまだ虫の姿なく、ジャガイモの植え付け。
男爵と紫月。近年、植物の名前がオシャレ。
紫月とは、満月のような丸さに育つとか、虫にも強いようで収穫が楽しみ。
(2016,3,5.午後)

514-1.jpg514-2.jpg

2016/03/04
桃の節句
昨日が3月3日のお雛様。桃の節句。
こちらの桃の花は開花にはまだまだ、固い蕾。
枝ぶりがのびのびです。
(2016,3,4.午後)

513-1.jpg513-2.jpg

2016/03/02
ブロッコリー
風強いのは日常になっている。しかし、
寒いとはいえ、太陽の光は暖かで、草草の成長が目につきだした。
収穫せずにおいていたブロッコリーも花へとの変化がうかがえ出し、
早速、収穫。夕食にはスープで頂いた。
ニンニクとセロリの葉も加えて、大人びたスープ味に大満足。
(2016,3,2.午後)

512-1.jpg512-2.jpg

2016/03/01
白菜の白
3月、弥生と書けば、暖かな空気を予感しますが、朝はちらちら雪。
風強く、冷え込みが続いている。
寒気の中、包んで冬を越した白菜。
外葉はすっかり枯れて薄いけれど、中からは驚くほどに瑞々しい白。
初々しいバレリーナ―を見るよう。
(2016,3,1.午後)

511-1.jpg511-2.jpg511-3.jpg

2016/02/29
風強し
昼前から、風が強く、夜に入っても風強い日。
二月最後の日で、明日から3月。
二月は逃げる、と日の経過の速さが言われますが、実感。
それでも、この強い風は冬。行きつ戻りつ、
奈良、東大寺のお水取りは明日から。
風と霜よけの黒い網が外せないマロウコモン。
(2016,2,29.午後)

510-1.jpg

- Topics Board -